未来の鹿ノ台のために植樹!(2019/03/02)

鹿ノ台第7緑地(東1)の林内整備と
植樹(モミジ・桜・カシ・モチノキ・エゴノキ・椿・ドウダンツツジ)を行いました!

市民の森林観察や森林環境教育などを実施できる林内環境が整い、既存の植生を考慮した豊かな植林(植樹)の要望が寄せられていました。

本年度は「天皇陛下御座位30年記念」にあたり、地域を上げて記念の植樹祭として実施しました。記念標柱は鹿ノ台産杉の間伐材を利用、ECOKA構成員のデザイン彫刻で、植栽後に建立・除幕式を行いました。

 

除幕式:平成31年3月2日  延べ参加人数:64名(自治連合会会長他役員 市民17名)
詳細はこちら
数年後、周辺緑地は多面的機能の向上と良好な沿道景観が形成されることを願っています。